ナンパの成功率を劇的に上げる方法

ナンパの成功率を劇的に上げる方法

今回はナンパの成功率を上げる方法を紹介したいと思います。

ナンパについて書いてあるサイトではおそらく一番使える内容となっていますので、
何度も読んで確実に身に付けるようにしてくださいね。

目次

1.ナンパは必ず2人以上で行く
2.ナンパする時に待ち構えない
3.ナンパで声をかける時は前から
4.ナンパしたら十分に打ち解ける
5.ナンパ中に場所を移動する(連れ出し)
6.ナンパではとにかく一人でも多く声をかける
●女性がナンパに応じてくれる可能性が高い条件
①こちらの見た目が怪しくない
②こちらの言動が怪しくない
③こちらの発言が面白い
④こちらの見た目が相手の好きなタイプ
⑤ナンパに対して偏見がない
⑥寂しいと感じている
⑦退屈(暇)だと感じている
⑧意志が弱い
●女性がナンパに応じてくれない可能性が高い条件
①こちらの見た目が怪しい
②こちらの言動が怪しい
③こちらの発言がつまらない
④こちらの見た目が相手の嫌いなタイプ
⑤ナンパが嫌いでこちらのことをナンパだと思っている
⑥彼氏がいる
⑦予定がある
⑧性格がキツい
⑨イライラしている

 

1.ナンパは必ず2人以上で行く

ナンパ初心者にとって、もっともハードルが高いのは「女性に声をかけること」ではないでしょうか?

実は私も、初めてナンパに行った時は、最初に女性に声をかけるまでに6時間もかかってしまいましたので、その気持ちはとてもよくわかります。

私の場合は、一度ナンパから離れて恋愛の能力を磨き、自信を付けてからナンパを再開したことで、気兼ねなく声をかけられるようになりました。

しかし、この方法だと、ナンパに戻るまでにとても時間がかかってしまいます。

私は世の中の「真面目がゆえにモテない男性」の恋愛を応援したいと思い、そんな男性たちに恋愛指導を行う為には、まずは自分自身があらゆるテクニックを身に付け、その上でそれを短時間で身に付けさせる方法を見つける必要があった為、友人やモニターに協力してもらい、色々な方法を試しました。

試行錯誤の末、ついに見つけた方法は、ふたを開けてみればとても単純で当たり前な内容なのですが、それは「ステップを細分化する」という方法です。

たとえば、サッカーで20回のリフティングがしたい場合で説明すると、いきなり1回→20回にすることはできませんよね。

1回の次は2~3回を目指し、次に5~6回を目指し、次は8回、次は11回、次は14回、次は17回、最後に20回と、
力量に合わせて徐々にハードルを上げていきます。

女性に声をかけるのも同じで、「女性に声をかける」ということは、一見すると簡単そうに思えますが、実際には「リフティング20回」くらいに難しいもので、もっと簡単なハードルのトレーニングから開始することが、成功の秘訣だったのです。

私が実際に指導している方法を特別に公開しておきます。

女性に声をかけられるようになる為の訓練方法
①商品のありかを聞く
②失敗を目の当たりにする
③道を聞く
④会話を続ける

※あくまで「女性に声をかけられるようになる方法」です。ナンパの成功率を高める為には、同時に「コミュニケーション能力を伸ばす練習」も行っていく必要があります

上記の方法によって女性に声をかけることができるようになるのですが、これは「一人」で女性に声をかけることができるようになる為の練習方法であり、一人という制限が無いのであればもっと簡単な方法があります。

それは「仲間と一緒に行く」という方法です。

男友達やナンパ仲間と一緒にナンパに行くことで、テンションが上がりやすくなり、モチベーションを維持しやすくなるので、
一人の時とは違って比較的簡単に声をかけることができるでしょう。

ただし、一緒に行く男性は、
・ナンパに対して前向き、ナンパを嫌ったり否定したりしていない
・テンションが高め
・女性と接することが苦手ではない
である必要があります。

もし、ナンパに対して否定的な場合、こちらがナンパすることに対して良く思わないでしょうから、空気が悪くなりやすくなってしまいますし、テンションが低いとこちらのテンションまで下がってしまい、声をかける気がなくなってしまいますし、女性と接することが苦手なタイプの場合、気を使ってしまってナンパしにくくなってしまいます。

その為、誰かと一緒に行くときは、上記の3点に当てはまる男性を選ぶようにしましょう。

 

2.ナンパする時に待ち構えない

ナンパにおいて最も重要なことは、「相手に対していかに警戒心を抱かせないか?」です。

たとえば、あなたが買い物に出かけた際、道端で怪しいセールスマンのような人間が、あなたのことをジーっと見ていたらどう思うでしょうか?

「うわ。怪しいなぁ。関わりたくない」

と思うのではないでしょうか。

では、その男性があなたの方に向かってきたら?

「今から声をかけてくるに違いない。怪しいから声をかけてきても無視しよう」

と思いますよね。

これは逆の立場でも言えることで、あなたが道端に立っていて、ナンパする女性を物色し、ターゲットと目が合ってしまった場合、ターゲットの女性は「あのたたずまいはおそらくナンパだろう。今から声をかけてくるかもしれない。そうなったら無視しよう」と思うので、その後にあなたが声をかけても「やっぱりナンパだった」と、無視されてしまうのです。

その為、ナンパする際は立ち止まって待ち構えるようなことはせずに、常に移動しながらナンパするようにしましょう。

 

3.ナンパで声をかける時は前から

前述したように、ナンパにおいて最も重要なことは、「相手に対していかに警戒心を抱かせないか?」であり、これは待ち構えることに限らず、女性に「怪しい」「危ない」と感じさせてしまう言動の全てにおいて当てはまります。

たとえば、あなたが街中で急に背後から声をかけられたらどう思うでしょうか?

相手の顔がわかる正面から「すみません」と声をかけられるよりも、相手の顔がわからない背後から「すみません」と声をかけられる方が怖いですよね。

女性は男性よりも筋力的に弱い存在である為、見知らぬ人に声をかけられることは、男性が思っている以上に恐怖を感じるものです。

その為、声をかける時は正面から声をかけるようにしましょう。

 

4.ナンパしたら十分に打ち解ける

ナンパの初心者は、ナンパのゴールを「番号交換(相手の番号を聞き出す)」に設定することが多いですが、番号交換に意味はありません。

これは非常に重要なことなので、必ず覚えておいてください。

ナンパにおける最終的な目的は「女性と仲良くなること」ですよね?

そしてその為に接点を持ちたいから、番号をゲットしたい。

つまり、仲良くなりたいから番号をゲットするのであり、仲良くなることができない番号に意味はないということです。

たとえば、よく知りもしない他人の番号をゲットしたとして、そこに連絡しようと思いますか?

「誰かよくわからないし、怪しいから連絡するのはためておこう」と思いますよね。

これはごく当たり前のことで、仲良くもない人と連絡先を交換しても、連絡することはありません。

つまり、相手の連絡先を聞き出す前に、相手に「こちらと連絡したい(連絡してもいい)」と思われるくらい、十分に打ち解ける(仲良くなる)必要があるということです。

人によっては、無理矢理番号を聞き出そうとする人がいますが、無理に番号を聞き出したところで、相手が連絡をとりたくないと思ったら着信拒否(ブロック)されてしまい、結局は死番(連絡先が死ぬこと)となってしまいます。

必ず「番号交換する前に仲良くなる」ことが大切です。

 

5.ナンパ中に場所を移動する(連れ出し)

本当の意味でナンパを成功させる為には、ナンパした女性とどれだけ仲良くなれるかが重要であることは前述しました。

この際に有効となる方法が「会話する場所を移動する」という方法です。

ナンパでは「連れ出し」と言いますが、たとえばカフェに連れて行ったり、カラオケに連れて行ったりします。

場所を移動する理由は主に3つあり、

①相手を会話モードにさせる:カフェなどに連れていくことによって強制的に会話スタンスにすることができる
②会話に集中させやすくする:道端では他人の目が気になって会話に集中できない恐れがある
③会話する時間を確保する:カフェなどに連れていくことで、すぐに帰ってしまうといった恐れが無くなる

なのですが、ナンパ初心者や会話が苦手な人にとっては、落ち着いて会話する為の環境作りであったり、状況や飲み物によって会話を繋ぐ効果などもある為、カフェなどに連れていった方が会話がしやすくなります。

また、スイーツを注文して食べさせることで、相手の気分が良くなり、こちらに対するイメージが良くなりやすくなるといった効果を狙うこともできます。(ランチョンテクニック)

その為、ナンパしたら、できるだけカフェなどに連れ出すことがオススメです。

なお、すぐにセッ○スする(ナンパ用語で「即」)を目的としてカラオケに連れていくナンパ師もいますが、ナンパ初心者には難しく、また、私が健全なお付き合いを推奨しているということもあり、ここではカフェに連れていくことをオススメします。

 

6.ナンパではとにかく一人でも多く声をかける

最後に、ナンパにおける最も重要な前提として、ナンパでは必ず「一人でも多く声をかける」ということです。

ナンパ初心者の男性の多くは、数人に声をかけて断られたり無視された時点で、「やっぱりオレには無理なんだ…」と諦めてしまいます。

しかし、逆の立場で考えてみて欲しいのですが、世の中の女性100人があなたに声をかけてきたとして、あなたはその全員をOKしたりするでしょうか?

知らない女性がいきなり話しかけてくるだけでも「何かの勧誘かもしれない…」と怪しいのに、おばちゃんや苦手なタイプの女性に「私の好みのタイプだから電話番号教えてくれない?」と言われても、普通は相手にしないですよね?

同様に、こちらが女性に声をかけた場合も、女性は「危ない人かもしれない」と思いますし、女性にも好みはありますから、あなたのことがあまりタイプではなかったら、相手にしようなんて思わないのが普通です。

その為、あなたがどれだけイケメンでも、ナンパ上手になったとしても、女性全員がOKしてくれるなんてことは絶対にありえませんので、断られても気にする必要はないのです。

そして、全員がOKしてくれるわけではありませんが、OKしてくれる女性は必ず存在します。

あなたのことがタイプの女性で、あなたのことを気に入れば、番号交換や一緒に食事くらいは、むしろ喜んで受けてくれるでしょう。

逆の立場で言えば、あなたの好みの女性に「すみません。あなたに一目惚れしました。よかったら連絡もらえますか?」と、
連絡先の書かれたメモを渡されたらどうでしょうか?

普通に連絡しますよね。

このように、あなたを受け入れてくれる女性は必ず存在するので、その女性に当たるまで声をかけ続けることが大切です。

なお、「好みのタイプ」であれば受け入れてくれるように、受け入れてくれる条件があり、それに当てはまるほど受け入れてもらえやすくなります。

たとえば、ダサい恰好のあなたよりも、オシャレをしたあなたの方が受け入れてもらえる可能性は高まりますし、背後から声をかけるよりも、正面から声をかけた方が受け入れてもらえやすいです。

このように、受け入れてもらえる確率を左右する条件がありますので、それを全て覚えて1つでも多く押さえることができれば、成功率は各段に上がることでしょう。

 

女性がナンパに応じてくれる可能性が高い条件

 

①こちらの見た目が怪しくない
こちらの見た目から安全性がうかがえると、ナンパに応じてもらえやすいです。

一例としては、
 当たり障りのないプレーンな服装
 靴が綺麗
 キチンとしたスーツ+黒髪
 清潔感がある(毛を整えている、服や持ち物が綺麗など)
 手に買い物袋を持っている
などです。

 

②こちらの言動が怪しくない
こちらの言動から安全性がうかがえると、ナンパに応じてもらえやすいです。

一例としては、
 丁寧な言葉遣い、敬語
 活舌が良い、はきはき喋る
 さわやかな笑顔
 ノンバーバルが適度
などです。

 

③こちらの発言が面白い
こちらの発言が面白いと、ナンパに応じてもらえやすいです。

また、一度笑わせると場の空気が緩まり、その後悪くなりにくくなるので、相手を笑わせることは非常に有効です。

ただし、ウケを狙いすぎて空回りしたりスベったりして空気を悪化させないように気を付けましょう。

 

④こちらの見た目が相手の好きなタイプ
こちらの見た目が相手の好みだと、ナンパに応じてもらえやすいです。

これに当てはまる為にも、1人でも多くの女性に声をかけることが有効です。

 

⑤ナンパに対して偏見がない
ナンパに対して偏見がないと、ナンパに応じてもらえやすいです。

これについても、1人でも多くの女性に声をかけることが有効です。

 

⑥寂しいと感じている

一例としては、
 一人暮らし
 親族が亡くなった
 ペットが亡くなった
 彼氏と別れた
 友達が結婚した
 友達が引っ越した
などで相手が寂しいと感じている場合も、ナンパに応じてもらえやすいです。

なお、寂しい時だけに限らず、精神的に弱っている時や不安を感じている時なども、こちらの声のかけ方次第ではナンパに応じてもらえやすいです。

たとえば、旅行先(特に海外)で日本人女性へのナンパが成功しやすいのも、知らない土地で不安な状態の時に同じ日本人という親近感や、フレンドリーに接してもらえることに安心感を感じるので、応じてもらえやすいのです。

 

⑦退屈(暇)だと感じている
暇を感じている時は、ナンパに応じてもらえやすいです。

こういう場合は大抵ゆっくりと歩いていたり、何か楽しいことを探して周りを見ていることが多いので、
そういった女性に声をかけると、比較的成功しやすいでしょう。

 

⑧意志が弱い
意志が弱く押しに弱いタイプもナンパに応じてくれやすいです。

地味な女性ほどそういう傾向にあるので、地味な女性に声をかけると、比較的応じてくれやすいでしょう。

ちなみに、押しに弱い場合が多いので、こういった女性にあたった場合は、簡単にあきらめずに食い下がることが大切です。

ただし、押しに弱いのでその場で番号交換はしてくれますが、番号交換だけであれば後で連絡が途絶えてしまう為、
必ずカフェなどに連れ出してキチンと打ち解けることが成功のポイントです。

 

このような条件に当てはまった場合は、ナンパに応じてくれる可能性が高いのですが、
④~⑧の条件は声をかけてみないとわかりません。
(山ほど声をかけているとそのうちわかるようになりますが)

その為、一人でも多くの女性に声をかけることが大切なのです。

逆にナンパに応じてもらえない可能性の高い条件も説明しておきます。

 

女性がナンパに応じてくれない可能性が高い条件

 

①こちらの見た目が怪しい
こちらの見た目が怪しいと危険を察知してナンパに応じてもらえなくなってしまいます。

一例としては、
 サングラスをしている
 マスクをしている
 全身黒っぽい色の服装
 ホストっぽい服装
 スーツ+金髪
 ピアスを付けている、ピアスが多い
 アクセサリーが多い
 無精髭が生えている
 怪我をしている
 手に持っているのが携帯電話だけ
 ブランドの手持ちカバンを持っている
 女性物の紙袋を持っている
などです。

 

②こちらの言動が怪しい
こちらの言動が怪しい場合も同様に危険を察知してナンパに応じてもらえなくなってしまいます。

一例としては、
 立ち止まってナンパする
 背後から急に声をかける
 近づく時に女性の目をじっと見る
 女性の胸元を見る
 ノンバーバルが暗い
 ノンバーバルが強すぎる
 声が小さい
 活舌が悪い
 息遣いが荒い
 ニヤニヤしている
 「えー」「あー」などが多い
 相手に触れる
などです。

 

③こちらの発言がつまらない
こちらの発言がつまらないと、相手は会話を切り上げたくなってしまいます。

その為、的外れな質問や、狙いすぎてスベる発言などをしないように気を付けましょう。

 

④こちらの見た目が相手の嫌いなタイプ
こちらの見た目が、相手の嫌いなタイプの場合はナンパに応じてもらえにくいです。

これに関してどうしようもありません。

 

⑤ナンパが嫌いでこちらのことをナンパだと思っている
ナンパを毛嫌いしているタイプで、且つこちらのことをナンパだと思っている場合はナンパに応じてもらえません。

「ナンパ嫌い」という相手の好み自体はコントロールできないので、こちらがナンパと思われないように、見た目や言動に配慮することが大切です。

一例としては、
 ナンパ師っぽい見た目にならないように気を付ける
 ナンパっぽい声のかけ方や話し方にならないように気を付ける
 ナンパだと思われやすいシチュエーションはなるべく避けるようにする
などです。

 

⑥彼氏がいる
相手に彼氏が居る場合はナンパに応じてもらえにくいです。

彼氏の有無はどうしようもできないので、これについては気にする必要はありません。

なお、彼氏がいてもナンパに応じてくれる場合は、彼氏に不満がある、浮気性、よほど純粋な女性などの場合ですが、どのタイプにせよ、ワンチャン狙うことは可能です。

 

⑦予定がある
相手に予定がある場合はナンパに応じてもらえにくいです。

基本的には、歩くのが速かったり、目的地にまっすぐに向かっていると予定がある場合が多く、ゆっくり歩いていたり、フラフラしていると予定がない場合が多いです。

 

⑧性格がキツい
性格がキツい場合はナンパに応じてもらえにくいです。

相手の性格はどうしようもないので、これについては気にする必要はありません。

 

⑨イライラしている
嫌なことがあってイライラしている場合はナンパに応じてもらえにくいです。

ただし、イライラから自暴自棄になってナンパOKになっているような例外もあります。

 

上記の条件に当てはまるほどナンパは失敗しやすいのですが、見てもらえばわかる通り、④~⑨の条件はどうしようもありません。

その為、声をかけて断られたり無視されても気にする必要はなく、当てはまらない女性にあたるまで声をかけ続けることが大切です。

 

ナンパのポイントは以上になります。

応じてくれる可能性の高い条件や、応じてくれない可能性の高い条件を覚えておけば、後は実践を重ねるうちに、相手の雰囲気やファーストコンタクト時の反応から「この子は押せばいけるな」「この子は無理だろうな」ということが感覚的にわかってくるようになり、より時間効率が良くなっていくでしょう。

あなたの恋愛を応援しています。

佐藤

 

コメントを残す