モテたい人は必ず読んでください!

佐藤です。

「69.8%」

この数字、何だかわかりますか?

これは「現在、恋人がいない男性の割合」です。

(この数字は国の機関による調査結果なのでかなり正確だと思います)

現在、男性10人のうち7人は彼女や奥さんがいないんです。

10人のうち7人も独りなのです。

 

また、結婚できずに人生を終えていく男性は23%います。

(これも国の機関による調査結果。生涯未婚率)

つまり4人に1人は結婚できずに人生が終わってしまうんです。

 

こう言うと、「結婚したくない男性もいるのでは?」と言う人がいます。

たしかに、20代や30代では結婚したくないと思う人もいるでしょう。

しかし、50代や60代になっても結婚したくないなんて男性は基本的には存在しません。

同年代を見れば、息子や娘、孫などがいて、温かで楽しそうな家庭に包まれている。

けれど自分は家に帰っても独りで、ただいまを言う相手もいない。

暗い台所の電気を付け、仕事の帰り際に買ってきたコンビニの弁当を食べる…

孤独で寂しい毎日です。

そんな日々を経験すれば、誰かに一緒に居て欲しいと思うのは自然なこと。

「一生独身でいい」なんて思うのは、若いうちだけなのです。

つまり、生涯未婚率である23%の男性は「結婚したくてもできなかった」のです。

これがどれだけ不幸で寂しい人生かおわかりになると思います。

私はこの23%の男性にも幸せになってほしいです。

日本の全ての男女が、素敵な恋愛をして、幸せな結婚生活を送ってほしいです。

今モテている人で、「モテるから彼女いらねーわ」と言っている人に関しては何も言いません。

けれど、モテなくて、将来結婚できるかどうかも不安で、真剣に恋愛できるようになりたいと考えている男性には幸せになってほしいです。

そこで色々考えました。

どうすれば真剣な人だけを助けてあげることができるのか?

真剣な人はおそらく色々なことにチャレンジしていると思います。

 

恋愛教材を買ったり、

恋愛指導を受けたり…

 

レイル以外の恋愛指導でもいいんです。

あなたが成功してくださるのであれば

 

けれどもし成功できなくて、何をしていいのかわからなくて、

でも恋愛指導は高額だから躊躇してしまう男性もいると思います。

それでも、私はどうにかしてあなたを成功させてあげたいと思っています。

 

その気持ちが本気であることが伝わるように、

普通1000円とか、2000円とかで売っているであろうクオリティの恋愛本を「100円」※で出しました。

※2018/10/5に「500円」に値上げしました。2019年には定価の1250円に戻す予定です

本気の恋愛本が「100円」です。

完全に赤字です。

でもいいんです。

あなたが成功してくれるなら

 

「それなら0円にすればいいのに」

と思う男性もいると思います。

しかし、人間は無料で手に入る物には価値が無いと考えてしまう傾向があります。

そして手に入れても読まなかったり、実践練習に身が入らなかったりするのです。

これはパーソナルトレーナーも同じです。

トレーニングメニューはジムのトレーナーとほとんど同じです。

食事制限だって個人で出来ます。

だけど高いお金を払うことで「お金を払っているからやらねば!」と思うようになります。

身銭を切ることで真剣に向き合うことができるのです。

 

私はあなたに本気で成功してほしい。

ノウハウを身に付けて、可愛い彼女を作れるようになってほしいんです。

その為、あえて値段を設定しました。

それでも缶コーヒーより安いです。

けれど内容は数万円以上の価値があると思います。

それだけ真剣に書きました。

中には恋愛マスターたちが使っているテクニックなんかもあります。

是非読んでみてください。

 

amazon kindle 超実践的恋愛講座

著者 佐藤真一

価格 定価1250円 ⇒ 100円 ⇒ 500円

 

 

初回限定! 恋愛指導お試しプラン

60分 5,000(初回のみ。入会金は不要)

初回限定の恋愛指導お試しプランです。

レイルの恋愛指導をまずは1度体験してみたい方にオススメの超お得プランです。

 

指導の内容はあなたが自由に決められます。

・自分がモテない理由を教えて欲しい

・実際に女性との会話を見せて欲しい

・一緒に相席バーに行ってサポートしてほしい

・ストリートナンパの仕方を教えてほしい

・女性と効率よく出会う方法を教えて欲しい

・オシャレなコーディネイトを教えて欲しい

などなど、恋愛に関する内容であれば、あらゆる要望が可能です。

ほんの少しの勇気を出して、今から最高の人生を始めてください。

お申し込みはコチラ

コメントを残す