騙しの恋愛術と人間性の恋愛術

騙しの恋愛術と人間性の恋愛術

 

佐藤です。

以前、「レイルで教える恋愛術について」という記事で、恋愛は相手を騙すものではなく相手を幸せにするものだと説明しました。

それについて「テクニックを交えて違いを具体的に教えて欲しい」というメールを頂きましたので、今回は「セッ○スの為に相手を騙す方法」「幸せになる為に両想いになる方法」を詳しく説明したいと思います。

(非常に強力なテクニックを紹介しますので、悪用するのではなく、女性を幸せにする為に使ってあげてください)

 

騙しの恋愛術

騙しの恋愛術とは「こちらの気持ちを受け入れてもらい(恋)、相手の心を受け入れ気持ちを良くする(愛)為の行動=恋愛」ではなく「自分の欲を満たすために相手の本能や認識を利用する行動=詐欺」に当てはまる恋愛術の総称です。

たとえばナンパ師はセッ○スを目的としてナンパを行っていますし、恋愛工学ではセッ○スを目的とした理論やテクニックになります。

そのテクニックにはピンからキリまでありますが、業界の最高峰はザ・ゲームに出てくる理論になると思われます。
(ザ・ゲームとはニールストラウス著のナンパ体験の小説)

なぜなら、騙しの恋愛術が行きつく先は人間の心理に影響を及ぼすものになり、そのうち実績と効果があるものがコールドリーディングNLP催眠術手品パントマイムなどであり、女性とセッ○スする為だけにそれらの手法を上手く掛け合わせたものがザ・ゲームに出てくるので、セッ○スを目的とする恋愛術がたどり着く先は必ずザ・ゲームに出てくる手法になるからです。

 

そして、私はナンパ師の方々と交流することがあるのですが、「この人は本物だな」と思う方は、本人が意図的に学んで実践しているのか、たまたまそこにたどり着いたのかはわかりませんが、必ずと言っていいほどザ・ゲームの理論やテクニックを体現している人でした。
(ザ・ゲームで学んだのではなく、ザ・ゲームに記載されているテクニックを個別に勉強したものと思われます)

それに対し、「このナンパ師は微妙だな」と思う方はナンパ師のブログやザ・ゲームを参考に作られた理論やテクニックなどを手本にしている方でした。

それもそのはずで、それらはザ・ゲームの内容をマネしている(つまりマネのマネになる)ので、どうしても精度がイマイチになるのです。

たとえば、ザ・ゲームにネグと呼ばれるテクニックがでてきます。

 

ちやほやするのともコケにするのとも違う。その中間にあたる行為だ。
偶然失礼を働いてしまったり、皮肉っぽく褒めたりするような、そんな感じだ。
ネグの目的は彼女に関心が無いことを表現しながら、彼女の自信を失わせることにある。

ザ・ゲーム

 

ネグの本質は「彼女に関心が無いことを表現しながら、彼女の自信を失わせることにある。」のですが、ネットや書籍に出回っている情報では(ザゲーム内での説明の仕方もディスと混同している部分があるのである意味しょうがないのですが)これを勘違いして「ディスと褒めを同時にする」「ギリギリ笑える範囲で相手を馬鹿にしたりからかったり失礼なことを言って、恋愛対象として相手に興味がないように振る舞うこと」と紹介してしまっています。

おそらく、オリジナルの「皮肉っぽく褒めたりする」を「ディスと褒めを同時にしてバランスをとる」と勘違いしてしまったのでしょう。

残念ながら、これは「ネグ」ではなく、ただの「ディス+褒め」です。

ネグの本質は「彼女に関心が無いことを表現しながら、彼女の自信を失わせることにある。」であり、もう少しわかりやすく言えば「こちらが対象に対して異性としての魅力を感じていないと示唆する」+「対象の自身に対する自信を低下させる」ということです。

(自身に対する自信を低下させる=自身に対して自信がない者には効果がありません。このところを無視してネグを利用してもただのマイナスになってしまいます。ナンパ師で言うところの7以下ですが、正確にはルックスレベルではなく自身に対する自信であり、美人でも余計なプライドを持っていない女性もいますし(芸能人で言えば平愛梨など。佐藤は平愛梨を最高の女性の1人だと考える)、美人でないにも関わらず変にプライドの高い女性もいます。(そういった女性に対してネグは効果的))

ザ・ゲームにも「皮肉っぽく褒めたりするような、そんな感じ」と書いてあるのであって、「皮肉っぽく褒める」とは書いていません。
(ちなみにザ・ゲーム巻末の用語集には「積極的に批判したりも」と書いてあるが、それは場面に応じて必要な場合且つ嫌われないように配慮した手法であることが前提条件である)

 

ネグ

「きれいな爪だね。本物?ああ、いや。とにかくかわいいよ」(ザ・ゲームより)

「ちょっと、顔につばがかかったよ!」(ザ・ゲームより)

「その服すごいね。でも、シンプルな服の方が似合うと思うよ」(レイルオリジナルネグ45より)
※「すごいね」は褒めていない。すごいねは褒めでも皮肉でもなく驚きのような言い方にすることで褒めてるように見せかけて後半の文章によって皮肉かもしれないと思わせるところがポイント。言い方が悪いと「皮肉を言ってくる嫌味なヤツ」となるので注意

「鼻毛が出てるよ?」(レイルオリジナルネグ45より)
※本当に鼻毛が出ている場合に使うこと。鼻毛が出ていなければただの嘘つきになる
(鼻毛ネグはネグの中でも最強クラスに強力なネグだが、言い方やアフタートークをミスすれば事故るので初心者にはオススメできない)

 

一般的にネグだと勘違いされている「ディス+褒め」(ディスリスペクトとも)

「爪綺麗だね。つけ爪?」

「でかい口開けて食うね?女じゃね~。でも何か好きかも」

「そんなに可愛かったらパパとかいるでしょ?(笑)」

「その本面白いよね。立ち読みして節約するつもり?」

 

これらは他のサイトでネグとして紹介されていたものですが、一般的にネグだと勘違いされている方法を冷静に見れば、ただの失礼ですよね。

実際、これで女性に効果があったと思っている人がいますが、それはただその女性が失礼発言を許してくれている優しいor気弱な女性だけで、普通は「この人、失礼だな…」と思うので、何度か繰り返せば普通に嫌われます。

(ちなみに、4つめの「その本面白いよね。立ち読みして節約するつもり?」はネグではないが、オープナーとしては機能する。理由は、相手が立ち読みということに対して自分の落ち度を感じるので、多少の嫌味は仕方ないと受け入れるから。その上でその後にプラスのことを言うことで相手の気持ちがマイナスからプラスになり、ふり幅によってこちらに対する好感度が上昇しやすい。ただ相手にマイナスを与えると嫌われるが、このケースのように相手の落ち度を利用することでマイナスを受け入れさせることができ、その後でプラスを与えることで好感度を高めることができる。この仕組みは立ち読みだけでなく、色々な場面で応用できる)

(余談ですが、ザ・ゲームで紹介されているネグは使い方が難しいものが多いので気を付けてください。ネグは使い方や使う相手、使うタイミングを間違えれば逆に嫌われてしまいます。たとえば、「綺麗な目だね。触ってみてもいいかな?」は冗談だと感じさせることができなければ危ない奴だと思われてしまいます。他にも「しゃべると鼻がぴくぴくしてかわいいね」は言い方を間違えると本気でバカにしていると思われてしまいます。ネグは好かれる為に行うのであり、嫌われてしまったらネグの意味がありません(ただのディス))

 

また、ネグを紹介してしている某ニュースでは

「確かにネグで落ちやすい女の子もいると思います。ネグられると「この人、私のことをわかってくれる」「この人の言うことを聞いておけば大丈夫」みたいに感じてしまい…(以下略)」

と書かれていますが、ネグやディスでそんな風に感じる女性はいません。
(もしそんな風に感じているなら、それはネグやディスではなくコールドリーディングやバーナムステイトメントによる効果)

仮にその女性との関係が上手くいったのであれば、それは(間違えている)ネグによって上手くいったのではなく、他に上手くいく要素があったからです。
(たとえば、他にかまってくれる男性がいない、その男性が好みのタイプ、それまでにラポールが築けていたなど)

 

このように、世の中に出回っている恋愛テクニックの大半は個人の解釈によって歪んだ情報であり、オリジナルをキチンと習得している人はそれほど多くはありません。

では何故そのようなことになるのでしょうか?

それは、本質を理解できていないからです。

これをネグで説明したいと思います。

 

ネグ

「きれいな爪だね。本物?ああ、いや。とにかくかわいいよ」(ザ・ゲームより)

 

ネグと紹介されていたトーク

「爪綺麗だね。つけ爪?」

 

「爪綺麗だね。つけ爪?」は某ブログで紹介されていたトークですが、おそらくオリジナルをそのまま掲載するのはまずいと思い、アレンジしてみたのでしょう。

しかし、本質を理解できていないがために本質を壊してしまって意味の無いトークに変わってしまっています。

オリジナルの「きれいな爪だね。本物?ああ、いや。とにかくかわいいよ」は、

悪意や悪気がないことを伝える為にまずは「きれいな爪だね。」と言い、

次に「本物?」と疑っていることを示唆し、

最後に「ああ、いや。とにかくかわいいよ」で悪気の無さをアピールしつつ話を流しています。

これによって相手に「疑われているのかな…」という懸念を与え、こちらに対しての焦りや誤解を解きたいという思いを作ることで、精神的な立場を下げつつ相手の気持ちがこちらに向くように仕向けているのです。

これが本当のネグです。

 

それに対し、「爪綺麗だね。つけ爪?」は、

単に「爪綺麗だね。」と褒め、

次に「つけ爪?」と質問して(疑いを向けて)終わっているので、

相手の爪が本物(地爪)なら「そうよ(この人は失礼ね)」と思われてただのディスになってしまいますし、

相手の爪がつけ爪なら「そう(褒めてくれている)」と思われるのでただの褒めになってしまいます。

つまり、このトークでは「ディスっているだけ」もしくは「ただ褒めて質問しているだけ」になってしまうのです。

(ちなみに、日本で上記のネグは使いにくい。代用としては、つけまつげをしていない女性に「まつげ長いね。本物?ああ、いや。とにかくかわいいよ」と言うと良い。(レイルアレンジネグ39より))

 

このように、ネットに出回っている方法はザ・ゲームのマネのマネ(劣化版)になるので、全く使えない(女性に好かれない)どころか、むしろ嫌われてしまう方法へと悪化してしまっているのです。

 

 

余談ですが、ザ・ゲーム巻末の用語集でのネグの紹介では、

「爪きれいだね。それ、つけ爪でしょ?」(ザ・ゲームより)

というネグも紹介されています。

一見すると、

「爪綺麗だね。つけ爪?」

と同じように思えるかもしれませんが、「それ」と「でしょ」という言葉によって全くの別物となっています。

 

「爪きれいだね。それ、つけ爪でしょ?」

は「つけ爪でしょ?」と決めてかかることによって、意図的に相手を落とそうとしています。

これは、言葉的には

「どうせ偽ってるんでしょ?」

とマイナスのニュアンスを含みつつも、

言葉の意味は

「それはつけ爪?それとも地爪?どっち?」

ではなく、

「つけ爪だと思うくらいきれいだね」

であり、その意図を伝える為に言い方(非言語情報)で表すことで、相手の気を悪くせずに落とすことができます。

つまり、いじり的なニュアンスのネグなのです。

(余談だが、ネグは場面に応じて「①こちらが対象に対して異性としての魅力を感じていないと示唆する」「②対象の自分に対する自信を低下させる」「③焦らせたり恥ずかしくさせたり焦らしたりすることで、こちらに対しての執着心を引き出すことで精神的優位に立つ」の3種類の効果を狙っており、③はいじりと同じになる。つまり、ネグにはいじりも含まれるということ)

 

 

もう1つ例を挙げましょう。

たとえば、藤沢数希氏著の「ぼくは愛を証明してみようと思う」で永沢さんが、

「お前、その綺麗な肌、絶対フォトショップで修正しているだろ?」

と言っているセリフがあり、

それをマネしている人がダダ滑りしているというブログ記事を見かけました。

ブログ記事の筆者は

「非モテが何も考えずにこのセリフを使い、ダダ滑りしているらしい。そもそもこのセリフは「女性がフォトショップを使った仕事をしている」という前提がなければ意味をなさない」

と説明していました。

たしかに、この場合は自分が仕事で使っているもの=強く理解及び共感できる言葉によってウケたという要因もあり、フォトショップを知らない人からすれば「??」となりますし、フォトショップを知っていても身近になければ共感できないのでウケないでしょう。

フォトショップに詳しい ⇒ 「お前、その綺麗な肌、絶対フォトショップで修正しているだろ?」 ⇒ 意味が分かるから冗談だとわかる
フォトショップを知らない ⇒ 「お前、その綺麗な肌、絶対フォトショップで修正しているだろ?」 ⇒ 「フォトショップ?写真屋さん?」

 

ですが、それ以前の問題としてこのセリフはネグではなくいじりなので、相手とラポールが築けていなければ(もしくは伝え方が悪ければ)ただのディスになる為、いくら相手がフォトショップを使った仕事をしていても、「この人、失礼だな…」と思われて嫌われてしまうのです。

(ちなみに、「肌綺麗だね。CGみたい」も同様にウケない。ウケていると誤解している男性はウケているのではなく愛想で笑ってくれているだけということを理解しよう。さらに言えば上記の2つのトークはネグではなくディス。
ネグは「何かついてるよ?ああ、ホクロか。可愛いホクロだね」など。
いじりは「肌綺麗だね。何したらそんな綺麗に…あ、わかった。毎日全身にロクシタンとか塗りまくってるんでしょ?この淫乱セレブ!」
いじり+笑いは「肌綺麗だね~。それって絶対高級保湿ティッシュとか使って潤してるでしょ!この肌セレブ!」全てレイルの教材より抜粋)

 

なお、誤解されることが多いのですが、ネグやいじりとディスは本質から全く異なります。

そしてディスは相手を傷付けるだけでメリットが無いので、騙しの恋愛術においても人間性の恋愛術においても使うことはありません。

ディスを「自信や自尊心を砕いたり精神的に立場を下にする為に使う」と思っている方がいますが、それは間違った砕き方であり、そんなことをしても相手を傷付けるだけで高い確率で嫌われます。

使うべきは「ネグ」と「いじり」です。

ここのところを間違えないようにしてください。

※人間性の恋愛術では、基本的にはネグもいじりも使わない。そして使わなくても好かれることは可能。詳しくは後述

 

 

騙しの恋愛術におけるトークの組み立て

さて、騙しの恋愛術についてもう少し詳しく教えてほしいと言われそうなのでもう少しだけ解説したいと思います。

(本当はこんなスキルを教えたくないのですが、後述する人間性の恋愛術の良さを知っていただく為にもあえて公開します)

騙しの恋愛術では、相手の思考や気持ちを誘導する為に、相手の考え方に合わせた効果的な言葉を投げかけていきます。

たとえば、真面目・清純・貞操観念がしっかりしている女性に「好きなタイプは?」と聞かれた場合、

それが早い段階(ラポールを築く前※)であれば

「家族を大事にしている子が好きかな」

と答え、

ラポールを築いた後※であれば、

「素直になってくれる子が好きかな。でもとかだってとか言い訳する人って何か嫌でしょ?」

と答えます。

※ここではラポールを「築く前」と「築いた後」と表現していますが、ラポールは0か100かではないので、あくまでイメージとして捉えてください

 

なぜこのように答えるのかと言うと、

ラポールを築く前では心の壁を取り払って仲良くなることが目的なので、さりげなく類似性を示唆して好感を誘う為です。

たとえば、あなたが漫画の「ドラゴンボール」が大好きだとして、出会ったばかりの男性にあなたが「好きな漫画は何ですか?」と聞いたら、相手の男性が「ドラゴンボールが好きですね」と答えてきたらどうでしょうか?

好みが同じで嬉しいと感じますよね。

このように、好みや価値観などが一致すると親近感が湧いて嬉しいと感じるのです。

それと同じで、真面目・清純・貞操観念がしっかりしている女性は「家族を大事にする人は素敵」という価値観を持っていることが多いので、

「家族を大事にしている子が好きかな」

と答えてそういった価値観を持っていることを示唆することで、相手に好感を抱かせることが可能となるのです。

しかしながら、最終的な目的はセッ○スをすることなので、ラポールを築いた後は

「素直になってくれる子が好きかな。でもとかだってとか言い訳する人って何か嫌でしょ?」

と言うことで、その価値観を正しいと信じ込ませ、後でホテルに誘った時の言い訳(グダ)を今のうちに崩しているのです。

 

 

騙しの恋愛術における女性に「好きなタイプは?」と聞かれた場合の対応一覧

※女性の見た感じによるタイプ分けはあくまで理解しやすいようにカテゴリしたものであり、実際は見た感じではなく相手の思考に合わせる必要があります

Bラポールが築けていない(出会ってすぐに聞かれた場合)
Aラポールが築けている(1~2時間過ごして仲良くなってから聞かれた場合。なお、最短目標は20分)

真面目・清純・貞操観念がしっかりしている
 B「家族を大事にしている子が好きかな」
 A「素直になってくれる子が好きかな。でもとかだってとか言い訳する人って何か嫌でしょ?」

ギャル系
 B「くだらないことでも一緒に笑い合える子かな。フィーリングが大事だよね」
 A「価値観も身体の相性もいい子がいいね。ってか絶対○○と相性いいよね。お互いに△△って考えるとことか一緒だし」
 ※○○は相手の名前、△△には相手の重要視している価値観が入る。つまり、これまでに相手の価値観を聞き出して共感を示しておく必要がある

オシャレ・個性系
 B「自分の価値観持ってて、相手の価値観も尊重できるような子がいいな。相手が自分と違うのって当たり前のことだし、それを前向きに受け入れられる人って素敵だよね」
 A「自分の価値観が絶対とかじゃなくて、相手の価値観も尊重できるような人だったら、素敵な恋愛ができるよね」

年下・小動物系
 B「頼ってくれたり、甘えてくれたりすると、この子は俺が守ってあげないとって思うよね」
 A「素直に甘えてくれる子がいいかな。隠さずに自分を見せてくれるって言うか。そんな子だったら期待に応えたいって思っちゃうよね」

年上・大人
 B「見た感じは大人っぽいのに中身は子供っぽいみたいなギャップのある人っていいですね」
 A「時間とか感じさせないような恋愛ができる女性って素敵ですよね。逆に体裁とか細かいことを気にする女性とは付き合っていけるとは思えないので…」

綺麗だと自覚してる
 B「かっこつけずに素直に自分を見せてくれるような本物のいい女だとキュンとくるね」
 A「自分の価値観が絶対とかじゃなくて、お互いの価値観を尊重できる人だったら、素敵な恋愛ができるよね」

美意識が高い
 B「人のいい部分をちゃんと見れるような、中身のいい人がいいかな。人のいいところを見つけられる人って素敵じゃない?」
 A「相手の価値観も受け入れて自分の魅力に変えていけるような向上心のある人となら、素敵な恋愛ができそうだよね」

 

 

なお、上記をそのまま使うこともできますが、実際のトークでは相手の価値観や場面の状況、進行度などに合わせて最適なトークを繰り広げます。

相手が年下・小動物系での実際のAトークの一例

「素直に甘えてくれる子が好きかな。逆にさ、距離のある子は付き合っていけないって思わない?たとえば、仲良しのカップルってくっついてると思うんだけど、それってカップルだからくっついてるんじゃなくて、くっつくくらい仲良しだから素敵なカップルになれたんだと思う。カップルでも離れてるカップルっていっぱいいるけど離れているカップルって嫌じゃない?どう?だよね。それってすごく重要なことだと思うんだ。だって、好き同士だから付き合うことになったんだよね?そして好きならくっつきたいって思うのは当然でしょ?だから素直にくっついて甘えてくれる子とだったら幸せな恋愛ができるよね。」

 

こちらに対して好感度が中程度の場合はここまでですが、好感度が高い場合はこの後に続けます。

「○○はくっつきたいって思う?」

「それじゃもっとくっつこうよ。遠慮してたら仲良くなれなくない?」

 

余談ですが、これはナンパ手順⑧の「イチャ」に誘導しています。

ギラつき:ボディタッチしたり口説いたりしてセッ○スに持っていこうとすること
イチャつき:男女が仲良く触れ合うこと。身体に触れることの抵抗を無くしつつ、触れ合う快感を与えることで少しずつセッ○スに誘導する

ギラとイチャは似ているが、ギラはセッ○スの可能性をゼロから1に変える行為、イチャは1を100に育てる行為。

イチャは相手にその気が無ければ(その気にさせなければ)始めることができないが、イチャをすることでセッ○スすることは簡単になる。

(イチャの概念はおそらくこれまでに一度も公開されたことが無いと思います)

(さらに余談ですが、ギラはあくまで下手な人の行為であり、本当に上手い人はギラを行いません)

 

 

身体を目当てにすれば不幸になる。心を目当てにすれば幸せになる。

騙しの恋愛術ではこのような感じで、相手の価値観を操作したりこちらをいい男だと錯覚させてセッ○スへと誘導していきます。

ただセッ○スがしたいだけであれば、たしかに有効です。

しかし、これをしていると致命的な問題が発生します。

それは「本当の幸せが手に入らなくなる」ということです。

本当の幸せが手に入らなくなるとはどういうことなのか?

順番に説明していきますね。

 

まず、騙しの恋愛術ではセッ○スに誘導する為に自分の価値観を殺し、相手の価値観に合わせてトークを組み立てていくことは前述のテクニック例によってご理解いただけたと思います。

これは、セッ○スという目的の為に数日間頑張れば済むだけのことなので、それほど難しくはありません。

問題は結婚したくなった時です。

(結婚したくないという男性は多いが、40~50代に差し掛かれば誰でも寂しいと感じるようになる)

結婚は50年以上いっしょに居ることになります。

毎日毎日50年間ずっと相手の価値観に合わせる為に自分の価値観を殺し続けるのは困難です。

誰でもストレスが溜まります。

実際に多くの男性がそれに耐えられずに喧嘩したり、浮気や遊びをしたりして、離婚してしまいます。

また、「一番の(自分の価値観を殺せる)美女と結婚するから、浮気なんてしない」と言うナンパ師もいますが、見た目が変わらずにずっと綺麗なままの女性なんていません。

年々とシワが増えてきたり顔の形が変わって美しさはなくなっていきますし、あるいは子供ができたら胸やお尻が垂れ、お腹は緩んで、性的な魅力は無くなっていきます。

そんな時点でまた浮気し、結局は数年で夫婦関係が破綻してしまうということはよくあることです。

その為、女性とのセッ○ス(肉体)を目的とした恋愛をしていれば、結婚しても結婚生活に満足できずいずれ離婚し、再婚してもまた離婚し、遊ぶ為には一人で居る方が気楽だと考えるようになり、たとえ子供ができていたとしても子供は父親を嫌って離れていくので、老いて女性にモテなくなった時、死ぬまで孤独で寂しい人生を生きていくのです。

 

それに対し、女性との両想いによる幸せ(性格)を目的としていれば、そこには明確なゴールがあり、幸せな人生を手にすることができます。

つまり、女性に対してセッ○スではなくパートナーとしての相性を重要視し、性格が良くて相性もいい美人の女性と結婚することで、衝突することも離婚することもない、幸せな結婚生活を送ることが可能となるのです。

「それなら元々セッ○スを目的としてきた人でも結婚する時はそのような理想的な女性を探せばいいのでは?」と思われる方もいるかもしれません。

しかしこれは選んだ女性の性格に問題があるのではなく、男性側の付き合い方に問題があるのです。

結婚した相手が悪いのではなく、男性が自分を良いように見せて相手に好きになってもらうから、長期的な交際になると良いように見えるフリが続かずに離婚してしまうということなのです。

どれだけ性格の良い女性でも、これまでに偽ってきた男性を信じれる女性はいません。(逆の立場でも騙されていたと感じたら一気に嫌いになりいますよね)

つまり、偽りの魅力ではなく素の自分を好きになってもらえなければ、幸せな結婚生活を送ることはできないということなのです。

 

そしてそれはもちろんのこと、ナンパ師に限らずたとえ一般男性であっても同じです。

もしあなたの両親があまり仲良くないのであれば、それはあなたの父親が付き合っている時は魅力的な男性を演じて(もしくは悪い部分を隠して)母親の気を引き、結婚して一緒に生活していくうちに徐々に素を出してしまい、それを母親が良く思っていないということではないでしょうか。

もしあなたの両親の仲があまり良くないのであれば、母親に聞いてみてください。

「親父って付き合っていた当時と今って同じ感じ?」と。

多くの場合で「付き合っている時はこんな人だとは思わなかった」と言うでしょう。

そしてナンパ師は虚像と実像の差が一般男性の比ではありません。

彼らが結婚した後に上手くいかないのは当然のことなのです。

(結婚に限らず、交際についても同じ。セッ○スを目的として自分を偽っている男性は女性に好かれ続けることができない)

 

 

人間性の恋愛術

では、どうすればいいのでしょうか?

答えは簡単です。

「素の自分を好きになってもらう」のです。

そうすれば一生、愛され続けることができます。

ただし、当たり前の話ですが、その「素」自体がダメであれば好きになってくれる女性はいません。

そこで、まずは自分の人間性を高めるのです。

テクニックではなく人間性を好きになってもらう。

それこそが「人間性の恋愛術」です。

人間性を身に付ける

・常識と良識を身に付ける
・万人に好かれる道徳観念を理解する
・一般マナーを身に付ける
・正しい価値観と優先順位を身に付ける
・その他

 

もちろんのこと、ただ人間性を高めるだけでは好きな人と両想いになることはできません。

人間性はあくまで土台であり最低限です。

次は考え方を最適化し、現実を変えていきます。

女性に好かれる自分を作る

・自分の価値観の変更(マイナスをプラスに変える、NLPで言うところの肯定的意図)
・マインドチェンジ(男性主義から女性主義へ)
・重要行動の習慣付け
・コミュニケーション革命(「人と話したくない」から「相手を楽しませることに快感を覚える」へ)
・キャラクターの魅せ方の習得(本来の自分を好きになってもらう)
・女性の考え方の理解
・女性の本質の見極め方の習得
・お互いの価値観のすり合わせ(NLPで言うところのリフレーミング)
・刺激のバランスの理解と習得(多少のマイナスが相手に受け入れられるようになる)
・その他

 

それらが身に付いたら、いよいよ自分の魅力を女性にアピールする方法であるテクニックを身に付けていきます。

自分の魅力のアピールの仕方を学ぶ

・似合う髪型の理解など、外見の改善
・コミュニケーション術
・出会い術
・ファッション術
・デート術
・リード術
・エスコート術
・ホスピタリティ術
・アプローチ術
・サプライズ術
・その他

※レイルの恋愛指導では全て学びます

これらを身に付けることで、好きな女性と両想いになって幸せな結婚生活を手に入れることが可能となるのです。

 

さて、人間性の恋愛術では好きな女性と両想いになることができるのですが、それでもセッ○スに対する執着が捨てられない男性は、

「奥さんとしかセッ○スできないなんて不幸じゃないか?」

と考えるかもしれません。

何百人とセッ○スできないことは不幸ではありませんが、人生においてただ1人だけとしかセッ○スできないのであれば、たしかにそれは男性にとっての不幸かもしれません。

しかし、それはあくまで「1人だけとしかセッ○スできない」場合です。

彼女や奥さん以外の女性とセッ○スしてはいけないのは、女性側の了承を得ていないからです。

女性側の了承を得ることができるのであれば、他の女性とセッ○スすることに問題はありません。

そしてそれを可能にするのが「人間性の恋愛術」なのです。

 

こういうと、「それって浮気じゃないの?」「浮気なら人間性の恋愛術じゃなくて騙しの恋愛術だろ」なんて考える人がいるかもしれません。

ですが、それは浮気の定義が間違っています。

他の女性とセッ○スする=浮気ではありません。

関係のある女性の合意を得ずに他の女性と遊ぼうとする=浮気です。

つまり、誰かを傷付けるから悪なのです。

そして、人間性の恋愛術では誰も傷付けません。

もし他の女性と遊んで彼女が傷付くのであれば、他の女性とは遊びません。

けれど、人間性の恋愛術をキチンと身に付ければ、女性側の了承が得られるようになります。

だから、誰も傷付けずに他の女性とセッ○スすることができるようになるのです。

たとえば、マイケルさんは複数の女性と交際していますが、彼はそのことを他の女性にも伝えていて了承をもらっています。

だから問題になっていないですよね。

マイケルさんに限らず、一般男性でも奥さんに遊ぶことを伝えて了承してもらっている男性はたくさんいます。

彼らは偽りではなく心から女性を大切にしています。

だから、女性側が納得してくれるのです。

 

ナンパ師が相手との関係を曖昧にしたり、嘘つき男が彼女はいないと言って二股をしたり、自己中な男がセッ○スしたいが為に付き合ったり、そんな自分のことしか考えていないような人間性の無い男であれば、女性に許してもらえないのは当然ですよね。

けれど、女性のことを心から大切にし、言動に人間性が伴っていれば、女性は認めてくれるようになるのです。

もちろん、彼女(奥さん)側だけでなく、遊び相手にもキチンと彼女(奥さん)がいることを伝えること。

隠し事をせずに真摯に接する。

そうするからこそ「たとえ一晩だけでもいいから抱いてほしい」と思われるようになるのです。

相手を騙そうとするのではなく、本当のことを言っても受け入れてもらえるようにする恋愛術。

それこそが「人間性の恋愛術」なのです。

 

 

人間性の恋愛術

意中の女性と両想いなることができ、しかも、相手にこちらの望みを許してもらえるようになる。

人間性の恋愛術を身に付ければ、本当の意味で幸せになることができるのです。

 

「なるほど。人間性の恋愛術が最高の恋愛術であることはわかった。だけど、それだけすごいのなら習得も難しいのでは?」

 

実は、人間性の恋愛術は、佐藤とカズがどんな男性であっても意中の女性と両想いになれるように考案した恋愛術なので、たとえあなたが50代であっても、ハゲていたとしても、太っていたとしても、コミュニケーションが苦手であったとしても、あなたの好きな女性と両想いになることが可能です。

そもそも、佐藤が恋愛指導を始めたのはキャバクラ経営時代の恋愛が苦手なお客さんとお店の女の子たちがきっかけでした。

お客さんの中には真面目な男性も多かったのですが、彼らは日常で女性と上手く接することができず、恋愛の仕方もわからないということでキャバクラに通っていました。

その一方で、お店の女の子たちの中には若くして男に騙され、シングルマザーとなってしまい、夜間に効率よく働かなければならなくなった女性もたくさんいました。

「そんな男に騙される方が悪い」なんて考える人もいますが、彼女たちはただただ純粋なのです。

しかし、だからこそ押しの強い男性を好きになってしまいます。

「こんな真面目な男性たちが、こんな純粋な女の子たちと付き合って結婚してくれたら、二人ともが幸せになれるのに…」

けれど、その男性たちには女の子たちに好きになってもらえるだけの魅力はありませんでした。

 

「こういった男性達を魅力的な男性にし、こんな女の子たちと付き合えるようにすれば、世の中はもっとハッピーになる。」

 

そう考えた私たちは男性向けに恋愛指導を始めました。

指導を始めた当初はテクニックだけを教えていました。

すると、どれだけモテない男性でも簡単に女性と付き合うことができるようになりました。

けれど、何故か交際が長続きしませんでした。

長続きしない理由を調べていくうちに、その理由が我々の指導の仕方にあることに気付きました。

テクニックだけを教えて、肝心の愛されるべき「中身(人間性)」が疎かになっていたのです。

つまり、指導によって女性と簡単に付き合えるようになってしまったために、「別れてしまったらすぐに他の女性と付き合えばいっか」と思うようになってしまっていたのです。

テクニックはあくまで自分の魅力を相手に伝える方法です。

テクニックを覚えた男性は、伝える魅力が足りなければ魅力を偽ろうとしてしまいます。

 

「テクニックだけを指導してもダメだ。

大切なことは愛されるだけの人間性を育てることなんだ…」

 

それに気付いた我々は人間性とテクニックの両方を指導することにしました。

「しかし、内面も教えるとなると余計に習得が難しくなるのでは…」

それは杞憂でした。

むしろ先に内面を磨くことで、行動が変わり、より恋愛力が身に付くようになったのです。

それから何人も何人も指導していくうちに、恋愛術はどんどんと磨かれていきました。

そうして、どんな人でも身に付けられて、好きな女性と両想いになれる、最高の恋愛術が確立していったのです。

 

人間性の恋愛術を学びたい方はこちら

 

 

初回限定! 恋愛指導お試しプラン

60分 5,000(初回のみ。入会金は不要)

初回限定の恋愛指導お試しプランです。

レイルの恋愛指導をまずは1度体験してみたい方にオススメの超お得プランです。

 

指導の内容はあなたが自由に決められます。

・自分がモテない理由を教えて欲しい
・実際に女性との会話を見せて欲しい
・今気になってる女性の恋愛相談にのってほしい
・一緒に相席バーに行ってサポートしてほしい
・ストリートナンパの仕方を教えてほしい
・女性と効率よく出会う方法を教えて欲しい
・オシャレなコーディネートを教えて欲しい

などなど、恋愛に関する内容であれば、あらゆる要望が可能です。

ほんの少しの勇気を出して、今から最高の人生を始めてください。

 お申し込みはコチラ

レイルの恋愛指導について詳しくはコチラ

コメントを残す