女性に好かれるデートのしかた、教えます。

女性に好かれるデートのしかた、教えます。

佐藤です。

「鉄板のデートを教えてください」

というお便りを受けましたので、今回はデートについて詳しく説明していきたいと思います。

恋愛史上最高のデートテンプレート

私は長年の実践経験によって、圧倒的に高い反応を出すデートのテンプレートというのを導き出しました。

このデートのテンプレートを実践すれば、非常に高い確率で女性から好反応を引き出すことができるでしょう。

(ただし、デートのテンプレートはあくまで「外的要因=シチュエーションによる恩恵」であり、「内的要因=あなたのコミュニケーションや立ち振る舞い」が悪ければ上手くはいきません)

「女性から好反応を引き出せるって言っても、女性によって考え方が違うから全員には通用しないんじゃないの?」

その通りです。

全ての女性に通用するテクニックは存在しません。

しかし、多くの女性に通用するテクニックは存在します。

なぜなら、人間には共通する心理や傾向があるからです。

まず、当たり前のことですが、全ての人は考え方が違いますし、好みが違います。

だから、万人(100%)に通用する方法は基本的にはありません。

けれど、多くの人(70%)に当てはまるものはあります。

たとえば、「人間の心理」は基本的にはほとんど全ての人に当てはまりますし、「女性特有の性質」であればほとんどの女性に当てはまります。

こういった人間心理や女性の性質を理解することで、高い反応率を出すデートのテンプレートを作ることができるのです。

そしてこれまでにも色々な教材によってデートのセオリー(型)は紹介されてきました。

「デート攻略法」「デートの教科書」「デートの極意」「デートのテンプレート」みたいな教材ですね。

しかし、おそらくこれまでに紹介されてきたデートのセオリーは私が知る限り最も良い型でも反応率は30~40%程度というところでしょう。

(私が知らないだけで、もしかしたらすごい型が紹介されているかもしれません。
また、私と似たデートのテンプレートを紹介しているところもあるかもしれません。
けれど、「似ている」は「同じ」ではなく、その少しの差が圧倒的な差を生み出します)

今回紹介するデートのテンプレートはおそらく史上最高のものです。

反応率で言えば70%を超えると思います。

それほどまでに効果的なデートプランです。

だからこそ、ここで公開すべきかどうか迷いました。

なぜなら、本当に大切なのはテクニックではなくその由来となる「気持ち(行動原理)」であり、ここでただテクニックだけを示しても本当の意味で女性を幸せにすることはできないからです。

私はただ男性にテクニックを教えて「セッ○ス」や「表面的な付き合い」を推奨したいわけではありません。

私は「あなた」と「相手(女性)」の「2人とも」を幸せにしたいのです。

だから、このテクニックを学びたいのであればここで私と約束してください。

このテクニックを悪用しないこと。

相手を幸せにする為だけに使うということを。

約束できる方だけ、読み進めてくださいね。

 

デートの前提

さて、デートのテンプレートを教える前に前提についてお話しておきたいと思います。

なぜなら、本質を理解しておかなければ効果は半減するからです。

まず、恋愛テクニックにおけるデート術の大前提として、デートは「相手に好きになってもらう為に行う」ということです。

これ、めちゃくちゃ重要です。

恋愛が不得手な多くの男性が誤解していますが、決して自分が楽しむ為ではありませんし、良いデートを遂行して自己満足する為でもありません。

「やってよかった~」では意味ないのです。

好きになってもらう為に行う = 相手のことを心底考えてあげる必要がある + こちらの魅力を知ってもらう必要がある

このことを絶対に忘れないようにしてください。

 

次に今回教える型の種類について説明します。

デートのテンプレートと言ってもたくさんの種類があり、設定ごとに異なります。

たとえば、目的を「付き合う」とするのか「セッ○ス」とするのかによってもデート内容は異なってきますし、何回目で目的達成を目指すのかによってもデート内容は異なってきます。

デートのテンプレートにおける設定

ターゲット:何歳の女性を狙うか、その女性にはどういった傾向があるかなど
デートの目標:付き合うことを目標とするのか、お持ち帰りを目標とするのかなど
目標達成までのデート回数:3回目で付き合うことを目指すのか、1回目でお持ち帰りを狙うのかなど
デートの内容:食事だけに限定するのか、映画や水族館も含めるのか、近場に限定するのか、遠出を含めるのかなど

 

今回紹介するデートのテンプレート

ターゲット:20代前半~50代の女性
デートの目標:付き合うかお持ち帰りするかは自分で決められる
目標達成までのデート回数:3回目
デートの内容:食事だけに限定、近場で完結できる

 

今回は「3回目」で「付き合うorお持ち帰りのどちらでもいける」を想定した「食事先のみ」のデートのテンプレートを紹介したいと思います。

これを紹介しようと思った理由は、多くの男性が最も知りたい型だと思ったからです。

男女を含め多くの人が3回目くらいでのゴールが理想的だと思っていますし、
男性なら付き合うのとお持ち帰りのどちらでもいける方が魅力的でしょうし、
行き先が色々と設定されているよりも食事先のみであればわかりやすくてやりやすいでしょう。

また、食事先だけであれば空いた時間に行うことができるので、若い人だけでなく中高年の方でも実践しやすいと思います。

是非、こテンプレートを覚えて何度も実践練習してください。

あなた史上最高の成功率になること間違いなしです。

 

デート1回目

1回目は定番のデート:オープンスペースもしくはテラスのイタリアン・フレンチ系レストラン(個室はNG)

 

まず1回目のデートはオープンスペースもしくはテラスのイタリアン・フレンチ系レストランをチョイスしましょう。

相手とどういった関係性なのかによっても、何系のご飯屋さんがいいのか、オープンスペースと個室のどちらがいいのかなどは異なってくるのですが、今回はより多くの場合に当てはまることを想定している為、出会って初めて、もしくは出会って間もない=距離感が遠いことを想定しています。

その場合、いきなり個室だと「感覚がおかしい」とか「下心がある」などと思われやすくなってしまいますし、またあなた自身が上手に会話することができなければ無言の気まずい空気になりやすいです。

それに対してオープンスペースであれば無言でも周りの話し声によって気まずくなりにくいですし、テラス席であれば無言になってもシチュエーションがカバーしてくれます。

その為、オープンスペースもしくはテラスのお店がオススメです。

なお、テラスの場合は季節による暑さ寒さも考慮しましょう。

イタリアン・フレンチ系をチョイスする理由は、
・料理の好みを外しにくい(女性が最も嫌いにくい料理がイタリアン)
・イタリアン・フレンチ系は図らずともオシャレになりやすい
・イタリアン・フレンチ系の食事であれば女性がお酒(カクテル)を飲みやすい
などの利点があるからです。

時間帯的には19時~20時くらいをスタートとし、22時~23時くらいで解散するのが理想的です。
(相手が10代後半であったり、20代前半でも貞操観念が高めの場合は少し早めの22時くらいに解散するのがオススメです)

 

デート2回目

2回目は楽しく陽気に:相手が食べたいと言っていたもの(無ければ焼き肉、焼き鳥系) ⇒ 陽気な雰囲気のスペイン・イタリアン系バル

 

2回目で個室をチョイスする男性は多いのですが、よほど関係性が煮詰まってなければオススメできません。

なぜなら、2回目でゴールしようとするのは一般的な女性の感覚では少し早いからです。

その為、「2回目ではむしろゴールするつもりなんてさらさらない」くらいの態度で接した方が上手くいきやすいでしょう。

また、あなたの価値を高いと思わせる為にも、オーソドックスなデートも、楽しく陽気なデートも落ち着いたシックなデートも行った方が効果的であり、ゴールする3回目は必然的に落ち着いたシックなデートが有効となるので、2回目には楽しく陽気なデートをもってくることが得策です。
(方向性の違うデートを行うことによってギャップ効果も生まれる)

その為、2回目のデートには楽しくて陽気な雰囲気のスペイン・イタリアンバル系がオススメなのですが、女性の性格が明るい性格でなければ、会っていきなり陽気な雰囲気のお店には馴染みにくいと感じてしまいます。

そこで、スペイン・イタリアンバル系に連れていく前の心と体の準備として、相手の好きな食べ物のご飯屋さんに連れていくのです。

これによって好きな食べ物による嬉しさと適度なお酒によって楽しい気持ちにさせ、スペイン・イタリアンバル系に行っても抵抗がない状態を作り、2軒目にスペイン・イタリアンバル系に連れていってさらに楽しい気持ちを盛り上げるのです。

そして相手の気持ちをこれでもかというくらいに盛り上げて十二分に楽しい気持ちにさせたら、その日はそれでサッと解散します。

そうすることでまた会いたいと思ってもらえますし、次に対する期待が高まるのです。

なお、相手の好きな食べ物をリサーチできなかった場合や、最適なお店が見つからなかった場合は、焼き肉もしくは焼き鳥がオススメです。

焼き肉に行く場合、安いお店や食べ放題に連れていくと幻滅される恐れがるので絶対に避けるようにしてください。

「高いお店に行くと料金が高くなりすぎるのでは?」と思われるかもしれませんが、焼き肉に行く場合は事前に「ハシゴしよう」と言って2軒目も想定していることを伝えることで、食べ過ぎて料金が高くなりすぎることを防ぐことができます。

また、サラダや前菜を注文する、タイミングを見計らって冷麺や白飯などのご飯ものを注文することによって、お肉の注文のしすぎを防ぐこともできます。

その際はケチだと思われないように注文する料理のバランスや注文するシメのタイミングには十分に気を付けてください。

※スペインバルの手ごろな写真がなかったのでイメージしやすいようにスペイン料理のパエリアの写真を載せていますが、2軒目ではご飯をメインで食べるわけではなく、お酒とお店の雰囲気を楽しむことをメインにして食事はつまみ程度にします。なお、2軒目にお酒をある程度飲めるように、1軒目では食べさせ過ぎないようにするのがポイントです。

 

デート3回目

3回目はムーディーに:オシャレで隠れ家的なレストラン・ダイニングバー ⇒ 落ち着いた雰囲気(間接照明)or夜景が綺麗なバー

 

さて、3回目のデートではいよいよ告白もしくはお持ち帰りを狙っていきます。

その為には相手がOKしたくなるようなデートにしなければなりません。

これも2回目と同じで、ゴール(目標)に向けて心と体の準備をしていきます。

もしいきなり告白したり家に連れて行こうとしたりしたら、「ムードがない=大切にしてくれない」と思われて嫌われてしまう恐れがありますので、心と体の準備として一連の流れは省略せずに必ず行いましょう。

まずはオシャレで隠れ家的なレストラン・ダイニングバー系に連れていきます。

「オシャレで隠れ家的ってどんな感じだよ」と思われるかもしれませんので、もう少し詳しく説明しますね。

まず「隠れ家的」ですが、「こんなところにあるの!?」と思わせるような場所にあることが大切です。

「隠れ家=流行っていない(お客さんが少ない)」みたいなイメージになりそうですが、お客さんが多いかどうかはあまり関係なくて、「隠されていそう=未知のワクワク感がある」ということと、「相手が知らない(行ったことが無い)」ということが重要です。

前者は「新しい刺激によってドーパミンが放出し興奮する脳の原理」、後者は「学習処女理論」という心理効果を与えることができるのですが、今回の一連の流れにおける心理的な説明をしていくとこれまたかなりの長文になってしまうので、今回のテクニックにおける心理的な説明は省きます。

とにかくこテンプレートにはすごい心理効果が山ほど隠されていますので、こテンプレート通りにデートを行うことを心掛けてください。

次に「オシャレ」ですが、
・間接照明、もしくはあまり明るくない
・できれば地下or2階以上の場所にある(目立たない場所なら1階でもOK)
・内装が凝っている(アトホーム、洞窟っぽい、森っぽい、リゾート地っぽいなど)
などがポイントとなります。

一軒目で適度にご飯を食べたら、次は恋愛感情を高ぶらせる為に、落ち着いた雰囲気のバーに連れていきましょう。

この最終的な決定打に使うお店には絶対的な条件が3つあり、

①視覚的に心地よい=間接照明、夜景が見える、内装がオシャレなど
②聴覚的に心地よい=耳当たりの良いBGMが流れている、周りの客がうるさくないなど
③距離が近い=カウンターで横並びに座る

これらを満たしたお店にしましょう。

このバーで口説きに入ってもいいですし、バーで性的魅力をアピールした後に帰りにさりげなく家やホテルに誘導するのもいいでしょう。

なお、性的魅力をアピールすると言っても、下ネタを話したりするわけではありません。

シャツの袖をめくる、上品にお酒を飲んでいる姿を見せる、相手の目を見つめて優しく微笑む、状況を利用して自然に優しく触れるなどになります。

 

このデートテンプレートを実際に使う為には…

このデートのテンプレートは非常に有効で、上手に活用すれば好反応を得られる確率は70%くらいになると思います。

それくらいにめちゃくちゃ有効なテンプレートなのですが、このテンプレートの力を最大限に引き出す為には、各要素をあなたや相手(女性)に合わせてカスタマイズする必要があります。

たとえば、一口に「飲食店」と言っても読者全員が同じ場所に住んでいるのではないので、あなたのお住いの地域にあるお店の中で一番いいお店を探す必要があります。

また、相手(女性)に合わせて食事のジャンル、店内の雰囲気、料理の見た目、料理の味、スタッフの人柄、お店の場所なども考慮する必要があります。

さらには、あなたのキャラクターによってもこのテンプレートが合う合わないもありますし、あなたのコミュニケーション力や立ち振る舞い、エスコートの仕方などによっても成功率が大きく異なってきます。

その為、相手の立場に立ち、相手の気持ちになって「どういうお店に連れていかれて、どういう立ち振る舞いをされれば嬉しいか?」ということを一所懸命に考えながら実践してみてください。

 

あなたの成功を願っています。

佐藤

コメントを残す