何故、女性に好かれることができないのか?

何故、女性に好かれることができないのか?

 

佐藤です。

ラインニュースで女子大生キャバ嬢にフラれたイケメン医師という記事を読みました。

よくある失敗例だなと思ったので、紹介したいと思います。

記事の内容

有名大学病院に勤務する現在アラフォーのドクターKさんは、これまでに「顔良し、頭良し、学歴良し、職業良し、夜の営みうまし」の5強を誇っていたという。

アラサーの頃、通っていたキャバクラに好みのタイプの二十歳の女子大生が入店したので狙うことに。

別の医師と競争になるも、頻繁に通い続けたことでついにはゲット。

お店はもちろんプライベートでも、かかる費用は全てKさん持ち。

そんな感じで付き合いは1年続き、海外旅行に行こうと言う話になったのだが、近場の旅行だしこれまでずっとお金を出し続けていたので、これくらいは出してくれてもいいだろうと思い、旅行代を彼女に負担してもらうことに。

しかし、それを彼女に伝えるのを忘れていたので、旅行会社から突然支払いの連絡を受けた彼女は怒ってKさんに電話し、「どうして私が払わなければならないの」と言ってきたので、Kさんは「君はキャバ嬢で稼いでるでしょ」と言い返すと彼女はキレてしまい、それから避けられるように。

追いかけて彼女の働いているキャバクラにも行ったが、別のお客さんとデキて店を辞めてしまったことがわかる。

最後に「あんたキモい。マザコン野郎」と言われて終わり。

という内容です。

つまり、自分に自信があった男性が、キャバ嬢を落として付き合ったと思っていたら、股は開いても心は開いてなかった…というお話ですね。

大変失礼ですが、これはなるべくしてなったとしか言いようがありません。

めちゃくちゃ性格の良い女性なら、結婚し、子供ができてその子供が大きくなり独り立ちするまでは「(離婚するのを)我慢」するのですが、この女性には耐えられなかったのでしょう。

何が悪かったのでしょうか?

おそらくKさんは「旅費を出させようとしたこと」「旅費を負担してもらう話をきちんとしなかったこと」や「君はキャバ嬢で稼いでるでしょと言ってしまったこと」が原因だと思っているでしょう。

ですが、それらはあまり関係なく、実はもっと根本的なところに原因があります。

それがわからない限り、Kさんは一生恋愛が上手くいかないでしょう。

どれだけイケメンでお金を稼いでいても、とある間違いに気付かない限り、女性に好かれることはないのです。

 

外見や経済力は一過性
長く好かれる為には内面が重要

何が悪かったのでしょうか?

結論から言えば、この男性の「性格」に問題があります。

まず、女性は一度くらいお金を負担させられようとしたところで、彼氏のことが本当に好きであれば、手順の違いに怒ることはあったとしても別れるまではいきません。

たしかに、「君はキャバ嬢で稼いでるでしょ」という言葉はダメですが、この言葉が悪かったというよりは、この言葉が出るような考え方(性格)をしているのがダメなのです。

この言葉からは、相手が出したいと思っているかどうかは関係なく、一方的に「キャバ嬢で稼いでるからこれくらいは出してくれてもいい」と考えているということがわかります。

このように「気持ち」を無視して「物理的観点」で指示されることを女性はとても嫌います。(言わば「タスク志向」です)

また、最後に「あんたキモい。マザコン野郎」と言われたということから、「気持ち悪い」「マザコン」と思われているということがわかります。

一般的なカップルがささいなことから喧嘩が大きくなって別れてしまったということはよくありますが、別れることになったのは「それ(喧嘩する)まで嫌いだった」のではなく「その時に(喧嘩によって)嫌いになった」ということであり、普通、女性が男性に「ひどい」と言うことはあっても「キモい」と言うことはありません。

それなのにこの女性が「キモい」と言ったということは、それまでずっと「どこか気持ち悪い」「マザコンの気がある」と思っていたのです。

にも関わらず彼女がこの男性と付き合っていたのは、男性のことを財布や自分を表すステータスとして付き合っていたのでしょう。

キャバ嬢「見た目が良くて職業も医者なので、この人と付き合っていれば、傍から見れば私はすごい人と付き合っていると思われる。今は他に好きな人もいないし、お金も出してくれるから、とりあえず付き合っておこう。」

つまり、打算的に付き合っていたに過ぎないのです。

けれど、この男性と付き合ってみたら性格(人付き合いにおいて最も重要な部分)に問題があることがわかり、付き合っていくのが難しい(しんどい)と感じ始めたので、「【付き合いの我慢(仕事的な感覚で)<金銭面】の間は付き合っておこうと思っていたが、旅行の費用を負担させようとしてきた時点で【物理的観点で見られている(気持ちを無視される為、付き合っていくのが辛い)】【金銭的メリットさえ無くなった】と感じて別れることにした」ということでしょう。

ちなみに、Kさんの性格が悪いと推測できる根拠は他にもあります。

まず、「顔良し、頭良し、学歴良し、職業良し、夜の営みうましの5強を誇っていた」と自負している時点で自信家であり自慢屋でもあります。

最も重要である「性格良し」が無くて、何の自慢にもならない部分に自信を持ち、自慢気になっているのです。

これでは女性に好かれなくて当然です。

女性は中身がなければ本当の意味で好きになることはありません。

また、女性に対して「ゲット」という言葉(感覚)を使っています。

おそらく「一人の女性」というよりは「アクセサリー」的な視点で見ていたのでしょう。

これらのことから、性格に難があった為、女性にフラれてしまったと推測できます。

そして、この性格を直さない限り、女性に心から好かれることは一生無いのです。

 

もしあなたが女性と仲良くなることはできても本当の意味で好かれないというのであれば、一度自分の性格を見直してみて下さい。

間違いに気付いたとき、本当の恋愛が始まるでしょう。

 

余談

Kさんのストーリーの補足として、付き合う前にお金を持っていることを示唆したり、一方的にお金を出すような接し方もよくありません。

これをすると、お金目当てで付き合う女性が現れるからです。

もしあなたが「セッ○スしたいだけ」であれば、貢ぐという手段は有効です。

しかし、その女性に好きになってもらうのであれば、「経済力」ではなく「人間性」をアピールすることが大切です。

コメントを残す